小田凱人の高校と出身中学校はどこ?大学進学は考えている?

小田凱人の高校と出身中学校はどこ?大学進学は考えている?

史上最年少14歳11か月で、車いすテニスジュニア世界ランキング1位になった小田凱人(おだ・ときと)選手。

2022年4月にプロ車いすテニスプレイヤーに転向。

なんと16歳でグランドスラムに出場し、マスターズで優勝も果たしています。

2024年にパリパラリンピックが控えていることもあり、非常に注目度が高い選手です!

そんな小田凱人さんの出身校の学歴や大学進学について今回はお届けいたします。

スポンサーリンク
目次

小田凱人の高校と出身中学校の学歴はどこ?

小田凱人の高校と出身中学校の学歴はどこ?
引用:https://www.instagram.com/p/CqLCPDCpDFj/

史上最年少16歳でグランドスラムのマスターズで優勝した、プロ車椅子テニス選手の小田凱人さん。

2023年現在は17歳の年齢であるため、高校在学中ということになります。

今回は、そんな小田凱人選手の出身校を紹介いたします。

小田凱人選手の出身校
  • 小学校:一宮市立瀬部小学校 卒業
  • 中学校:一宮市立西成中学校 卒業
  • 高校:学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校(2023年現在在学中)

小学校、中学校は地元の愛知県一宮市にある市立学校に通われていました。

そして、高校は「学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校」へ進学。

N高等学校は全国各地にキャンパスがあり、ほぼすべてがネットで完結する通信制高校になります。

小田凱人の高校と出身中学校の学歴はどこ?
引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/N%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1

プロとして世界各国を飛び回る小田選手にとっては、学業と車いすテニスを両立させる魅力的なシステムなのかもしれないですね!

また、角川ドワンゴ学園N高等学校には、英語のオンライン通学コースもあり実践的な英語を学ぶことができます。

小田凱人選手といえば、テニスの試合後に流暢な英語のスピーチを披露し、観客を笑い声で沸かせることもありました。

英語の通学コースに通われていたかは不明ですが、先輩に英語だけはやっておけと言われて他の教科より力を入れて勉強していたそう。

スポーツに英会話に文武両道で素晴らしいですよね。

ちなみに、全仏オープンで優勝し世界ランキング最年少1位となった際、N高等学校の生徒の活躍として高校の公式ホームページで紹介されていました。

小田凱人の高校と出身中学校の学歴はどこ?
引用:https://nnn.ed.jp/news/blog/archives/w3bgax9cpqm/

さわやかな笑顔でカッコいいですね!

スポンサーリンク

小田凱人は大学に進学している?

小田凱人は大学に進学している?
引用:https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/tennis365/sports/tennis365-202306_142733?redirect=1

小田凱人選手は大学進学を考えているのでしょうか?

現段階では、進学先についての情報はありませんでした。

そのため、小田凱人選手が大学進学を検討しているのかは不明です。

ちなみに、小田凱人選手が憧れている元プロ車いすテニス選手・国枝慎吾さんの場合、高校1年のときに初めて海外遠征を経験し、麗澤大学進学後にワールドチームカップへ出場されています。

遠征費には年間数百万もかかるようで引退を考えたようですが、麗澤大学の職員として働きながらテニスを続けたそう。

通常のテニス選手と違って、プロ車いすテニス選手は優勝賞金やスポンサー料金に大きな格差があるといいます。

通常のテニスの場合、全豪オープンの優勝賞金が約3億円なのに対し、車いすテニスは約600万円でした。

プロ車いすテニス選手といえども、稼ぐには結構困難な道のりのようですね。

小田凱人選手の場合、史上最年少で世界ランク1位という偉業を成し遂げているので、手厚いスポンサーが付ければ特に心配もなくテニスに専念されることも考えられます。

2024年のパリパラリンピックが控えており、数々の世界大会に出場しているプロテニスプレイヤーである小田選手。

今後は大学進学よりも、そのまま車いすテニスに集中する道を選択する可能性もありそうですね!

スポンサーリンク

小田凱人のプロフィール

小田凱人のプロフィール
引用:引用:https://www.instagram.com/p/CgSf1thtAaf/

小田凱人選手のプロフィールと経歴をご紹介します。

小田凱人プロフィール
  • 生年月日:2006年5月8日
  • 年齢:17歳2023年12月現在
  • 出身:愛知県一宮市
  • 身長:175㎝
  • 利き手:左
  • 出身校:学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校
  • 趣味:スニーカー集め、格闘技鑑賞、絵を描く

世界的に有名な車いすプロテニスプレイヤーである小田選手ですが、2023年でまだ17歳とは驚きですよね。

続いて、小田選手の車いすテニスの経歴はこちら。

  • 2015年 9歳の時骨肉腫を発症し、人工関節と車いす生活となる
  • 2012年 ロンドンパラリンピックでの国枝慎吾選手の活躍に感銘を受け車いすテニスを始めることを決意
  • 2020年 ジュニアマスターズ国際大会「Cruyff Foundation Junior Masters」で優勝
  • 2021年 世界最年少で車いすテニスランキング1位
  • 2022年 4月東海理化と所属契約を結びプロ転向
  • 2022年 4大大会デビュー:全仏大会で初出場&初勝利
  • 2023年 全仏オープンで初優勝し、グランドスラム達成!

たった9歳の頃に骨肉腫を発症した小田凱人選手。

このとき、手術をし人工関節になり車椅子生活になりました。

病気を発症する前はプロサッカー選手の夢もあった小田選手ですが、2012年に国枝慎吾選手のプレイと出会ったことが、小田選手の人生を大きく変えたようです。

その後、闘病やリハビリの傍らでプロ車いすテニス選手として快進撃を続け、数々の大会で優勝。

史上最年少で全仏オープンで優勝しグランドスラム制覇をするなど、ギネス記録達成しを偉業を成し遂げています。

世界を舞台に活躍する小田凱人選手ですが、今後も目標に向けてまっすぐ突き進んでいってほしいですね!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、プロ車いすテニスプレイヤーの小田凱人選手について紹介いたしました。

17歳という若さで、車いすテニスプレイヤーとして数々の実績を積み上げてきた小田選手。

2023年4月には日本生命保険とスポンサー契約を結び、更なる活躍が期待されています。

そのさわやかな見た目や英語のスピーチなど、テニスの実績以外でも注目を集めている小田凱人選手の今後がとっても楽しみですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次