上川陽子がすごいと評価される6つの内容!外務大臣の期待はできる?

上川陽子がすごいと評価される内容は?外務大臣の期待はできる?

自民党・衆議院議員で法務大臣を歴任し、”鉄の女”の異名を持つ上川陽子議員。

2023年9月12日、第2次岸田改造内閣として外務大臣への起用が発表されて注目を集めていますよね。

そんな上川陽子さんの評価を見てみると、ネット上では「すごい」という声が多く上がっているようです!

一体、上川陽子さんはどんな評価の持ち主なのでしょうか?

そこで今回は、

  • 上川陽子さんのすごい評価の内容とは?
  • 今後の外務省は期待できる?

というテーマでお届けしていきたいと思います。

それでは、早速本題に入りましょう!

スポンサーリンク
目次

上川陽子がすごいと評価される6つの内容

上川陽子がすごいと評価される内容は?
引用:https://bunshun.jp/articles/-/41431

上川陽子さんの評価を見てみると、ネット上では「すごい」という声が上がっていました。

一体、何がどう「すごい」と言われているのか紹介していきます。

①オウム真理教死刑囚の死刑執行命令書にサインを出した

上川陽子さんといえば、「オウム真理教」の関係が注目されています。

https://twitter.com/meme8823/status/1306390285383991296

上川陽子さんは、法務大臣時代にオウム真理教死刑囚13人に処刑を命じた人物でした。

引用:https://smart-flash.jp/sociopolitics/46323/1/1/

2018年7月に、元代表の麻原彰晃元死刑囚を含む13名の刑が執行。

オウム残党の報復など身の危険が考えられる中、処刑を命じたのは凄いことですよね。

②一生涯SPをつけて生活

このように大役を果たした上川陽子さんですが、報復の危険性から本人と家族に長期にわたりSPをつけることとなりました。

一部週刊誌では、

一生涯にわたりSPをつけることになる

とも言われています。

実際に上川陽子さんには常に3〜4人ほどのSPがついており、SNSでの目撃情報でもその様子が垣間見れます。

https://twitter.com/iotaku0507/status/911801763287654400

一生SPつきの生活となると肩身が狭い思いもしそうですよね。

しかし自身や家族の身の危険を省みず、オウム死刑囚の死刑執行を命じたのは並大抵ではない胆力と言えます。

③歴代最多の計16人死刑執行

上川陽子さんは法務大臣時代、死刑執行を命じたのは歴代最多の16人でした。

それまでは、2019年から1年近く法務大臣を務めた故・鳩山邦夫さんの13人が多い状態だったそうです。

在任期間で執行を命じない法務大臣がそれなりにいる中で、淡々と責務を果たした上川陽子さん。

このような法務大臣時代の仕事人っぷりが”鉄の女”の異名を生み、評価に繋がっているようです。

④高学歴エリート

上川陽子の経歴プロフィール

上川陽子さんは高学歴ですごいと評価されています。

上川陽子さんの学歴はこちら。

  • 東京大学教養部卒業(偏差値:78〜86)
  • ハーバード大学大学院ケネディ・スクール修了(偏差値:80)

学歴を見ると、大学・大学院いずれも超難関校であることが分かりました!

上川陽子さんは、東京大学卒業後に三菱総合研究所に研究員として就職。

その後にハーバード大学大学院へ留学し、政治行政学修士を取得しています。

この留学時代に海外から日本を見て改革の必要性を感じ、政治家への道を歩み始めました。

⑤女性閣僚としての経歴

女性閣僚として20年の政治生活を送ってきた上川陽子さん。

若手時代は紆余曲折あったようですが、2014年〜2021年と年を追うごとに得票率・得票数を伸ばし当選7回

法務大臣を3回務め、在職日数は通算1100日以上を超えるそうです。

上川陽子さんの経歴がこちら▼

  • 2000年:衆院選で初当選
  • 2004年:自由民主党女性局長に就任
  • 2005年:総務大臣政務官に就任
  • 2006年:自由民主党政務調査会副会長就任に就任
  • 2007年:内閣府特命担当大臣に就任
  • 2008年:初代公文書管理担当大臣に就任
  • 2009年:厚生労働委員会理事に就任
  • 2013年:総務副大臣に就任
  • 2014年:第95代、96代 法務大臣に就任
  • 2017年:第99代、100代 法務大臣に就任
  • 2020年:第104代 法務大臣に就任
  • 2021年:自由民主党幹事長代理就任
  • 2023年:第2次岸田改造内閣で外務大臣に就任

他にも、自由民主党女性活躍推進本部長や内閣府特命担当大臣などを歴任していました。

そして2023年には、なんと20年ぶりに女性の外務大臣として就任!

女性閣僚としてこの経歴は凄いですよね!

⑥英語力(英会話)

20年ぶりの女性外務大臣と話題になっている上川陽子さん。

外相に選ばれた理由に、英語力がすごいことが関係していると思われます!

上川陽子さんの英語スピーチがこちら▼

スラスラ話している様はさすがといったところですよね!

ハーバード大学大学院留学やアメリカ上院議員スタッフの経験があり、元々国際派の上川陽子さん。

外務大臣としての活躍にも期待されますね!

スポンサーリンク

上川陽子の今後・外務大臣は期待できる?

オウム死刑囚の死刑執行で法務大臣として歴史に名前を刻んだ上川陽子さん。

こちらの記事もどうぞ↓

2023年9月12日第2次岸田再改造内閣で、新たに外務大臣に決まったことが発表されました。

上川陽子さんの今後、外務大臣は期待できるのでしょうか?

今回は、ネット上の声を集めてみました。

https://twitter.com/ca970008f4/status/1701532849487356341
https://twitter.com/M2Je5/status/1701534220118835268
https://twitter.com/emil418/status/1701609252824174805

賛否両論様々な声が上がっている上川陽子さん。

今後の外務大臣としての手腕に注目ですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、上川陽子がすごいと評価される内容は?外務大臣の期待はできる?というテーマでご紹介していきました!

上川陽子さんは、法務大臣時代に歴代トップの16人の死刑執行を命じ、中でもオウム死刑囚13人の処刑を命じた大役を担った人物でした。

家族とともに長い間SPをつける生活を迫られ、一部週刊誌では一生SPをつけないといけないとも言われています。

常人ではない胆力の持ち主である上川陽子さんですが、今後の外務大臣としての動向も目が離せませんね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次